友達を作る方法

友達付き合いが疲れる?その理由ととっておきの解消法とは!

わたしたちにとって、友達付き合いはビジネスのシーンとは違った楽しみ・気楽さを感じられる、必要なコミュニケーション。

でも、プライベートの予定やイベントが重なると、どんなに仲の良い友達でも、その付き合いに疲れてしまう男性・女性が多くなっているよう。

今回は、友達付き合いが大切なことは把握しつつも、ちょっぴり疲れると感じているみなさんに、その原因ととっておきの解消法をご紹介◎

充実したライフスタイルを送るため、ここからの情報で、今までの友達付き合いを見直す参考に役立ててくださいね!

友達付き合いが疲れるのはどうして?

疲れる理由

腹を割って、何でも話せる大切な友達でも、付き合いを続けていたり、その友達とかかわりあうプライベートなシーンや予定、イベントが多いと、「疲れる…。ひとりになりたい」と思うこと、意外に多いのではないでしょうか?

本来ならとっても楽しく感じる友達付き合いなのに、ふとした時に疲れると感じてしまう、その原因には、次のようなことが考えられているんです。

友達に気を使いすぎている

根が真面目で、もともとやさしく、控えめで自分をあまり主張しないタイプの人の場合は、友達に何でも合わせてしまって、言いたいことをガマンしたり、必要以上に気を使ってしまう傾向があるよう。

友達付き合いをやめるのが怖い、相手に嫌われなくないといった保守的な気持ちが、友達付き合いを続けていくうちに負担をなり、疲れを感じやすくなってしまうのです。

もともとひとりが好きである

どんなに仲の良い友達同士で、わいわいと楽しくイベントや予定、そのシーンを満喫していても、もともと孤独でいることを好むタイプの人は、のちにドッと疲れる気持ちを抱いてしまうことが多いよう。

友達付き合いをすることよりも、口には出さないものの、ひとりでいることを好んでいたり、同年代よりも大人っぽく見られたり、落ち着いた印象が長所の人の場合は、わいわいすることが余計に負担に感じてしまうことも多いよう。

自分だけの世界観や価値観を大切にしていて、秘密主義でまわりにホンネをなかなか打ち明けないタイプも、友達付き合いに疲れると感じてしまうことがあります。

ひとりでいることが好きな人は、孤独を感じず、ひとりでいても何でも楽しめてしまうメリットがある分、友達付き合いとなるとまわりに気を使ったり、意見を合わせたりすることが面倒になってしまうのかもしれませんね。

ココロの内側に入り込まれたくない

友達付き合いをしていると、ビジネスや恋愛、結婚や育児、子どもや旦那さんのことまで、ありとあらゆることをトークに展開し、さらけ出していくことが一般的ですよね。

友達付き合いが疲れると感じてしまうのは、まわりの友達の遠慮ない物言い、入り込んでくるように感じるおせっかいさ、などなど、ココロの内側に入り込まれることに負担があるからかもしれません。

友達付き合いが疲れる!とっておきの解消法とは?

解消

友達のこと、お付き合いをすることはとても大切なステップ・基本的なマナー・ルールだとは把握していても、付き合いが疲れると感じてしまう自分に、自己嫌悪してしまう人もめずらしくはないでしょう。

ここでは、毎回の友達付き合いに疲れると感じることなく、得られるメリットが増えたり、人として成長していくためのとっておきの解消法・解決策をわかりやすくご紹介していきます!

ときには断る努力を!

友達だからといって、毎回毎回お付き合いしていく必要、ないと思いませんか?
わたしたちには、ひとりひとりそれぞれに事情があり、人間ですから気がのらなくなってしまうのも当たり前のこと。

無理をして友達付き合いをしていては、疲れてしまうばかりではなく、本当に人との付き合いを断ってひとりぼっちになってしまうことにつながりやすくなります。
友達付き合いに疲れると感じている場合は、できるだけ角が立たないよう、やんわりと断る努力を忘れないこと◎

そして、お付き合いを断ってしまっても、お誘いしてくれた友達に感謝の気持ち、「次回また誘ってね!」と明るくやさしく伝えることを忘れないようにしましょう♪

友達に期待しすぎるのをやめる

友達付き合いで、相手の悪いところが受け入れられないと、毎回のお付き合いが苦しくうっとうしく、負担に感じてしまいます。

友達付き合いが疲れるのは、もしかすると、いろいろな会話の中で、自分を認めてほしいという期待があることも原因かも。

友達付き合いは、自分を慰めてもらうことだけが目的ではないので、理想的なお付き合いができないと、期待していた分、大きなショックを受けてしまいます。

友達とは対等にお付き合いできるよう、余計な期待は抱かないことが、これからも友達付き合いを長く続けられるコツになるのです。

本当にその人は必要な友達なのか?

友達付き合いをしていると、友達の友達を紹介されたり、いろいろなところに出かけることで行動範囲が広がり、自然なカタチで人間関係が広がっていくことも多いですよね。
その中で、価値観が合わない、どうにも気に入らないと思う相手がいたのなら、無理に友達付き合いをする必要はないんです。

大切なのは、もともと仲良くしていた友達と、それだけ絆を深めていくことができるか?ではないでしょうか。

新しくできた友達と、無理に仲良くせずとも、もともと仲良くしていた友達を大切にしていれば、これからの付き合いに疲れると感じてしまうデメリットがなくなるはずです。

友達の素晴らしさを見直してみよう!

友達付き合いにちょっぴり疲れる、と感じてしまった場合、立ち止まって友達の大切さ、友達付き合いの楽しさをあらためて見直してみるのもとっておきの対処法。

そもそもその友達は、あなたといて楽しいから、会いたい気持ちがあるからお付き合いに誘ってくるので、必要とされていることがわかれば、友達付き合いに負担を感じることがなくなるはずです。

必要とされているほどにあなたはその友達にとって大切な人、という意識を忘れず、毎回の友達付き合いができることに感謝の気持ちを持つ意識も大切ですよ。