友達を作る方法

セカンドパートナーの友達はあり?セカパを作るときに気を付けるべきポイントは?

secondpartner

セカンドパートナーとは、配偶者(パートナー)に次ぐ、もうひとりのパートナーを指す言葉です。40~50代の男女を中心に、セカンドパートナーを持つ人が増えています。

配偶者以外にパートナーを持つことにはどのようなメリットがあるのか、独身の人から見てセカンドパートナーはアリかナシか、そしてセカンドパートナーを持つ際の注意点について紹介します。

結婚してから新しい友達がなかなか作れず悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

既婚者がセカンドパートナーの友達を持つ2つのメリット

既婚者がセカンドパートナーの友達を持つメリットは、大きく分けて2つあります。

結婚生活だけでは満たされない心の穴を満たせる

既婚者がセカンドパートナーを持つ一番のメリットは、結婚生活だけでは満たされないさまざまな感情を満たせることにあります。

たとえば、ときめきが欲しい既婚者なら、セカンドパートナーを持つことで独身時代のようなドキドキする恋愛感覚を味わうことができます

パートナーと趣味嗜好が違うことに物足りなさを感じている場合は、セカンドパートナーに趣味が同じ人を選べば、共通の話題で盛り上がり、心の充実感をより一層高めることができます。

中には家庭が安らげる場所ではないと悩んでいる既婚者もいることでしょう。彼らにとっては、セカンドパートナーと会う時間が貴重な癒しの時間となります。

このように心の穴を満たすことで余裕が生まれると、パートナーを家族として今以上に大切にできることでしょう。

不倫ではないので、違法行為ではない

セカンドパートナーを持つことと、不倫することは異なります。

このことからも分かる通り、セカンドパートナーはキスや性交渉といった恋人や配偶者とするような性的な関係は持ちません。

あいさつ程度の軽いハグくらいはすることもありますが、それ以上に体に触れるようなスキンシップをしないのがセカンドパートナーを持つ鉄則です。

これを守るからこそ後ろめたさがなく、法に裁かれる心配がないのが、セカンドパートナーのメリットといえます。

セカンドパートナーの友達に独身を選ぶのはアリ?

自由な独身時代を思い出させてくれたり、年の差ゆえの若々しさを感じさせてくれたりする独身者をセカンドパートナーに持つことは、既婚者にとって魅力的です。

しかし、独身者から見てセカンドパートナーはアリなのでしょうか?それは、彼らの現状によって異なります。

独身のセカンドパートナーがナシの場合

恋人がいなくて寂しい思いをしている、あるいは結婚願望がある独身者は、セカンドパートナーとして向きません。

セカンドパートナーは、あくまでパートナーとの生活で満たされない部分を満たすための存在。

しかし、彼らにはその最初のパートナーがいないのですから、セカンドパートナーという立場は不安定なものに映ってしまいます。

彼らの孤独感や独占欲を刺激したら、肉体的な関係に発展しかねません。そうなっては不倫となってしまい、社会的に裁かれ、パートナーとの関係が破綻してしまう可能性があります。

危険な橋を渡ることになるのでやめましょう。

独身のセカンドパートナーがアリの場合

独身でもセカンドパートナーにできるのは、配偶者に相当するレベルに仲が良い恋人がいる、あるいは結婚する予定が決まっている、もしく非婚主義であるといったケースに限られます。

ここで注意すべきなのは、独身者が恋人と良好の関係を築いているかどうかです。もうすぐ破局しそうな場合は、寂しさから激しく求められ、セカンドパートナー以上の関係に発展してしまう危うさがあります。

結婚する意志がない場合も、年齢や周囲の状況によって心境の変化が訪れる可能性があるので相手の気持ちにはより一層注意が必要です。

彼らが「やっぱり結婚したい」と言い出したら、こちらから身を引き、幸せを願いましょう。きれいに別れたら、その独身者が結婚した後に再びセカンドパートナーとして上手くやっていける可能性があります。

セカンドパートナーの友達を作るときの注意点

セカンドパートナーと良好な関係を保つためには、いくつかの注意点があります。ぜひ、頭に入れておきましょう。

お互いのパートナーと家庭を大切にする

セカンドパートナーは、家庭ありきの関係です。だからこそ、一番優先すべきはパートナー(配偶者)と家庭であることを忘れないようにしましょう。

ここで気を付けるべきなのは、自分の配偶者・家庭と同じくらいにセカンドパートナーの配偶者と家庭も大切に思うこと。

お互いの配偶者に「自分よりもセカンドパートナーの方が大事なのでは?」と思わせたら、一気に結婚生活が破綻し、セカンドパートナーとの関係も終わります。

だからこそ、相手に期待しすぎない、独占欲を持たない、会いたいときに会えると思わないといった、一線を引いた気持ちを持ち続けることが大切です。

配偶者にセカンドパートナーの存在を打ち明けない

プラトニックな関係なら、正々堂々と配偶者にセカンドパートナーの存在を打ち明けても良いのでは?と考える人もいることでしょう。しかし、それはおすすめしません。

逆の立場に置き換えるとお分かりいただけると思いますが、いくら肉体関係はないと頭で分かっていても、特別に仲が良い異性の存在は「面白くない」と感じるものです

配偶者が不快そうにしないのであれば、レアなケースを除き、「好き」の反対である「無関心」になっている可能性があります。

また、セカンドパートナーと過ごした時間が楽しかったとしても、その感情を家庭に持ち込むのもNGです。

表情や声色で幸せオーラを漂わせていないか、自宅のドアを開ける前に冷静にチェックして気持ちを切り替えましょう。

出会いが見つかるアプリ人気ランキング!!
1位 ラブサーチ
lovesearch

ラブサーチは、運営実績18年以上のマッチングサイトです。

20代~シニアの方まで幅広い年齢層の方に、異性との出会いをメインに様々な出会いの場を提供しております。

コミュニティ機能が充実しているので、友達探しにも活用できます。

もちろんサクラや業者もほとんどいないのでオススメですよ!

オススメ度
会員数 160万人以上
対象 20代~シニア
特徴 趣味や価値観の合う相手と出会いたい人や、婚活、恋活だけでなく、友活もしたい人におすすめ!

詳細ページ公式ページ

2位 ハッピーメール
hapime

日本最大級の登録数を誇る恋愛マッチングサービス「ハッピーメール」です。

恋活・婚活はもちろん、趣味友探しなどの目的をもった人たちが毎日たくさん登録しています。

出会えた確率も74.5%という高確率!
ネットで出会いを探すのが当たり前になった今、ハッピーメールは是非登録しておきたいアプリです。

オススメ度
会員数 2,000万人以上
対象 20代~40代
特徴 登録者数が圧倒的に多いので出会いのチャンスが非常に多いです!恋人探しをしている人に人気があるアプリですが、友達探しも出来るアプリとしてたくさんの人が登録しています!

詳細ページ公式ページ

3位 ペアーズ
pairs

国内最大級「1,000万人」が利用する恋愛・婚活マッチングサービスPairs(ペアーズ)は、延べ25万人以上に恋人ができたという今最も人気のアプリの1つ。

毎月約8,000人がペアーズでマッチングに成功していると言われています。

真剣に異性のお友達や恋人を探している人にはかなりおすすめできるアプリです。

オススメ度
会員数 1,000万人以上
対象 20代~30代
特徴 国内最大級の規模と実績がある恋愛・婚活マッチングサービスで、真剣にお付き合いする恋人・結婚相手を探している会員が多数登録しています!

詳細ページ公式ページ