友達を作る方法

一緒にご飯を食べる友達・飯友を探す方法3選!

mesitomo

ひとりの食事に慣れてはいても、ときにさみしさ・切なさを感じて、グルメの美味しさを共有できる飯友が欲しいと感じてはいませんか?

毎日の食事は、ひとりで食べるよりも、気の合う友人と一緒に食べた方が、美味しさも楽しさも倍増するものですよね。

そこで今回は、カンタン・手軽、時間をかけずに一緒にご飯を食べる友達を見つけるために、おすすめの方法3選をまとめてご紹介しましょう!

飯友を作るのは意外にカンタンだった!?

年齢を重ねてオトナになると、出会う人の数が限られてくるので、新しい友達を作るのが難しい、と感じてはいませんか?

実は、一緒に美味しい食事を食べる友達、飯友を作るのは、他のタイプの友人を作るよりもハードルが低く、意外にカンタンに探して見つけることができるんです◎

飯友を作るのがイメージしているよりもカンタンな理由は、食事は誰にでも当たり前の習慣になっているため。

旅友や同じ趣味を持つ友人を探して見つけるのは、相手の内面やお互いのフィーリングをじっくり観察する必要がある分、仲良くなるまでに時間がかかってしまうことがあります。

でも、一緒にご飯を食べる友達の場合は、食事という習慣が共通しているために見つかりやすく、『美味しい、楽しい!』といったプラスの感情が芽生えやすくなるので、あっという間に仲良くなれたり、食事を通じて仲をもっと深めていけるメリットがあるんですよ◎

一緒に食事を食べる友達探し!飯友を作る3つの方法

他のタイプの友達を探すよりも、飯友作りは意外にカンタンにできるとわかり、今までよりも気持ちが前向きに、ドキドキ・ワクワクしてきたのではないでしょうか♪

ここからはさっそく、一緒に食べる友達、飯友作りにおすすめの3つの方法をぜひ参考にしてくださいね!

今の友人関係を見直してみよう!

食事をする、といった誰もに共通する習慣は、今の友達が飯友に変わる可能性が高いこととイコール!

スマホに登録している友達のメモリを見直して、

・特に気の合う友人
・食べることが好きな友人
・ノリが良く、友達が多い友人

といったポイントにフォーカスを当てて、グルメ巡りや食事を一緒に楽しむことのお誘いをかけてみましょう。

あなたにとって気が合い、食べることが好きでノリが良く、人間関係が広い友人の場合は、その友達を新たに紹介してくれたり、オトクで気持ちが明るくなるようなグルメ情報を教えてくれる期待を持つこともできますよ。

アットホームなカフェや居酒屋は飯友作りの穴場!

常連さんや近所に住んでいる人が集まるような、アットホームな雰囲気のカフェや居酒屋は、その店舗ひとつでグルメ好きな人ばかりが揃った、ひとつのグループ・コミュニティーのような特徴があります。

こじんまりしていて隠れ家的な雰囲気を持つカフェや居酒屋は、ひとりでふらりと入っても、店舗の規模が狭いことで、まわりにいる人や店員さんと仲良くなれるチャンスが多く、そこからどんどん飯友を増やしていける可能性があるのです◎

そのため、カフェや居酒屋で常連さんと挨拶を交わす何気ないコミュニケーションが、会話できるきっかけにつながり、グルメ情報を交換しながら、飯友にステップアップできる期待も大きいですよ。

SNSやマッチングアプリを利用してみよう!

SNSやマッチングアプリは、恋愛に関するメリットばかりではなく、飯友を作ったり、探している人が多いため、明るく誠実なPR文章をUPしておくと、目に留めてアクセスしてくれる人をどんどん増やすことができます。

SNSやマッチングアプリを利用するときは、

・大まかな外見をイメージできるような写真をUPする
・プロフの文章に、一人ご飯がさみしいことをユニークにアピール
・最近食べた美味しいグルメ、スポットなどをPRする文章に

といった、自虐ネタとユーモラスな情報を上手に交えてUPすることで、ひとりで食事をしている悲壮感を感じさせず、見ている相手にもインパクトを与えることができます。

SNSやマッチングアプリで恋愛相手を探すのであれば、見た目やステータスにフォーカスを当てることが多いですよね?

でも飯友の場合は、人としての基本的なルールやマナーを心がけている人が選ばれるので、見た目やステータスがどう、といったネックを感じることがなく、手軽に探せてカンタンに見つかるメリットがありますよ。

~おわりに~

一緒にご飯を食べる友達、飯友作りは、できるならたくさんの方法を並行してチャレンジすることがポイント!

ひとつの方法に固執するよりも、いろいろな方法を合わせてした方が、出会える飯友の数が増え、より楽しいグルメライフを送ることができるようになります。

今日からさっそくご紹介した3つの方法にトライしながら、食事はもちろん、その他の楽しみも一緒に共有できるようなステキな友達を見つけてくださいね!