未分類

既婚者が異性の友達を作るのはアリ?上手な付き合い方や注意点を解説!

iseitomodati

社会人になると仕事上の付き合いが中心になるため、新しい友達を作るのが難しくなりますよね。

特に既婚者は、パートナーに遠慮して異性がいる場所を避けてしまい、出会いが減ってますます友達ができなくなったと感じるのでは?

しかし、それでは人間関係が狭まってしまいます。

既婚者が異性の友達を持つことは、本当にいけないことなのでしょうか?実はそうとも限らないのです。

ここでは、既婚者が異性の友達を作るときに知っておくと良いポイントについて紹介します。

既婚で異性の友達を作るのはアリ?ナシ?

既婚で異性の友達を作るのはアリかナシか?この質問の答えは、「夫婦によって違う」というのが正直なところです。

しかし、実際にパートナーとこのことについて真剣に話し合ったことがある人は少ないのではないでしょうか?

そこでまずは、一般的な傾向について知っておきましょう。

既婚者が異性の友達と仲良くするのは「ナシ」派が多い

残念なことに、結婚してからも異性の友達と仲良くすることに悪い印象を持つ人が多数派を占めるのはひとつの事実です。

理由としては、「いつ友情が愛情に変わるか分からない」「本当に友達関係なのか疑わしい」などが挙げられますが、結局のところはパートナーへの独占欲にあります。

独占欲は特別な人だけが持つものではありませんし、恋愛関係のみならず友達関係でも起こりうる自然な感情です。なので、相手を独占したいと思う気持ちを否定する必要はありません。

既婚者が異性の友達を作ることを「アリ」に変えるには、この原因(=独占欲)をしっかりカバーする必要があります。

既婚者が異性の友達を作るのを「アリ」に変える方法

なぜ、独占欲が起こるのか。その深層心理は次の通りです。

  • 置いてきぼりにされる孤独感、寂しさ
  • 自分といるより楽しそう、自分は必要ない存在と感じる虚しさ
  • 2人の間に別の存在が加わることで変化が訪れるのではないかという恐怖

パートナーにこれらの感情を抱かせないようにしっかりカバーできれば、既婚者が異性の友達を作ることも「アリ」に変わります。

たとえばパートナーといる時間が一番楽しいと言葉や態度で常に示し、異性の友達ができても2人が愛し合っていることには変わらないことを伝えます。

予定を決めるときは、パートナーや家庭を常に最優先にすることも大切です。

結婚してからも異性の友達と仲良くしたいのであれば、これまで以上にパートナーの感情に敏感になり、気遣う必要があることを忘れないようにしましょう。

既婚者が異性の友情を良好に保つ方法

これまではパートナーの関係性を中心に既婚者が異性の友達を作るポイントを紹介してきましたが、ここでは友達との関係性作りに注目していきましょう。

異性の友達といつまでも仲良くいられるためには、既婚者ならではの立ち振る舞いを意識することが大切です。

○○友達とポジションを明確にしておく

既婚者が異性の友達と仲良くする場合、「趣味友達」「飲み友達」などポジションを明確にしておくのがおすすめです。そして、その範囲を超えた場所では会わないようにすると良いでしょう。

たとえばランニング友達なら、会うのは週末地元の公園だけと決めておきます。時間帯は昼間のみ、門限は何時ごろと会う時間もあわせて決めておくのが賢明です。

決められた行動範囲以外では会わないとルールを決めておけば、パートナーも安心します。

いつでも、どこでも会える・遊べるとなったら関係性が曖昧になり、パートナーより友達を優先にしてしまうこともあり得ます。

結婚生活も友情も両立したいなら、少し物足りないくらいに線引きしておく方が良いですよ。

異性として見ていないと明確に伝えておく

言わなくても分かるだろうと思わず、友達には「異性としては全くタイプではない」「異性として一番なのはパートナーだ」ということを明確に伝えましょう。好きなタイプは友達とは正反対だという話を最初にしておくのも有効です。

また、「かわいい」「かっこいい」といったほめ言葉を軽はずみに使わないことも友達への大切な気遣いです。変に期待を持たせると、友情が恋愛感情に変わってしまいます。

共通の友達や知り合いを作る

必ずしも異性の友達と2人きりで仲良くなる必要はありません。趣味が共通の友達なら、サークルに入りもっと友達を増やすなど、共通の知り合いを増やすのも良い関係を保つポイントです。

その方が人間関係の幅が広がりますし、第三者の視線を意識することで行き過ぎた行動をするリスクも減らせます。

パートナーが異性の友達に寛容であるなら、共通の知り合いにしても良いでしょう。もちろん、友達に会うときにパートナーを連れてくる必要はありませんが、お互いに面識があるだけでも理性的な友情関係を保つことができます。

異性の友達と不倫しそうになったら?

既婚・独身を問わず、異性の友達に対して恋愛感情を持ってしまうことはあります。どちらか一方でも友情から恋愛感情に気持ちが変わってしまったら、これまでの友達関係を続けることはほぼ不可能です。

特に既婚者はパートナーの心境を考えたら、関係を断つ決断をしなければなりません。

キスや手つなぎといった肉体的な接触を望むようになる、パートナーより自分と過ごす時間を増やしてほしい望むようになるといったサインが見られたら危険信号です。

あくまで2人は友達だと強調したり、会う頻度を減らしたりといったアプローチで、不倫にならないように気を付けましょう。

異性の友達には、パートナーにはない癒しや楽しみがあります。その素晴らしい関係を維持するためにも、既婚者としての立ち位置を忘れないようにしたいですね。

出会いが見つかるアプリ人気ランキング!!
1位 ラブサーチ
lovesearch

ラブサーチは、運営実績18年以上のマッチングサイトです。

20代~シニアの方まで幅広い年齢層の方に、異性との出会いをメインに様々な出会いの場を提供しております。

コミュニティ機能が充実しているので、友達探しにも活用できます。

もちろんサクラや業者もほとんどいないのでオススメですよ!

オススメ度
会員数 160万人以上
対象 20代~シニア
特徴 趣味や価値観の合う相手と出会いたい人や、婚活、恋活だけでなく、友活もしたい人におすすめ!

詳細ページ公式ページ

2位 ハッピーメール
hapime

日本最大級の登録数を誇る恋愛マッチングサービス「ハッピーメール」です。

恋活・婚活はもちろん、趣味友探しなどの目的をもった人たちが毎日たくさん登録しています。

出会えた確率も74.5%という高確率!
ネットで出会いを探すのが当たり前になった今、ハッピーメールは是非登録しておきたいアプリです。

オススメ度
会員数 2,000万人以上
対象 20代~40代
特徴 登録者数が圧倒的に多いので出会いのチャンスが非常に多いです!恋人探しをしている人に人気があるアプリですが、友達探しも出来るアプリとしてたくさんの人が登録しています!

詳細ページ公式ページ

3位 ペアーズ
pairs

国内最大級「1,000万人」が利用する恋愛・婚活マッチングサービスPairs(ペアーズ)は、延べ25万人以上に恋人ができたという今最も人気のアプリの1つ。

毎月約8,000人がペアーズでマッチングに成功していると言われています。

真剣に異性のお友達や恋人を探している人にはかなりおすすめできるアプリです。

オススメ度
会員数 1,000万人以上
対象 20代~30代
特徴 国内最大級の規模と実績がある恋愛・婚活マッチングサービスで、真剣にお付き合いする恋人・結婚相手を探している会員が多数登録しています!

詳細ページ公式ページ